我ながら、謎。



みんなは知っているかな?
むかしは音楽をカセットテープなるものに録音して持ち歩いていたこと。
レコードを借りてきて、録音して、ウォークマンで聴いていたんです。


SONYのウォークマン。
そのネーミングは商標登録ですが、どこのメイカーでも同じような携帯用カセットレコーダー、作っていました。
そして、他社のもみんなウォークマンって呼んじゃってました。
そのくらいウォークマンって名前は斬新かつ力を持ってたんですね。

スティーブ・ジョブズでさえ、アップルをSONYのような会社にしたい、と言うほどなんだから。

50年前の求人広告「出る杭求む!」。
奇人変人の集まりだったというSONY。
「出る杭」とは育てることが出来るのだろうか?否か?

出る杭=個性ではないから、出る杭じゃないなら、
せめて本質を知り、現状を把握して「夢」との差を埋めていけて、
わくわくと利益を同時に発想できるリーダーと、
熱量だけでも同等になって欲しいものです。

その先で初めて個性をだしていい。
その手前じゃあ、ただのわがまま。

出る杭リーダーってこの写真、SONY製じゃないウォークマンにSpotify状態。
本質と現状と夢とわくわくと利益と熱。

向こう側にいかなきゃなんだってつまらない。

ひとりで店を営業してる私に
この思想がいるのかは、謎。

MAUI inspirations -SENDAI-