The Descendants🎬



なんだかんだと、今年何本か目のGeorge Clooney。

先日、世間話で、ディカプリオに会える権に当たったコの話が出ました。
ここまでくると、人間とは思えない存在感なんですって。

確かに日本であっても映画に出ていたり、すごいコピーで一世を風靡された方々は人に見られている独特の身に纏う何かとか、才能で、ある距離から近づきがたくなります。
動いた!みたいな。笑
あるコーヒーショップで佐藤可士和さんをお見かけしたとき、わ!座ってる!って思った。
座るし、喋るし、コーヒーも飲まれるんです。

それがもしもビーチで素足のジョージ・クルーニーだったら、どうなっちゃうんでしょうね、世の女性って

なので映画ぐらいがちょうどいいんです。


今夜はハワイのカウアイとオアフが舞台の「The Descendants」。
ハワイではアメリカのように個人主義ではなく、代々のお家柄で人生は決まっていると聞いたことがあります。庶民はかなり大変な暮らしを余儀なくされる、意外ですよね。
この映画をみてそうか、と思うところもありますね。 

邦題のとおりこの映画はファミリーツリー、[ 家系図 ]。
結局は家系図の一部でしかないと気付いていても、その小さな分担の中で、大人になっても人間は成長できること、教えてくれます。

奥さんが病室で使っていたハワイアンキルトのベッドカバーを娘たちと自宅で使っているところにこの映画は集約されますね。
深刻な内容がたくさん重なるこの状況を、男一人、決断、対処していくのは苦しいことです。

でも人生はいつでも暫定。
いまはそう、なだけ。

これからのことはまだ決めていないし
決めたようにならないで欲しい。
いまはそう、なだけ、と目を閉じて思う。


どんな見方にせよ、おすすめです。


MAUI inspirations -SENDAI-