会田誠「青春と変態」📖


芸術の、読書の、スポーツの秋、とは言うものの音楽も常々聴いているし、絵画も観ているし、膝が痛いからスポーツはしないし。
この秋はもう少し進んで、芸術家が描く「絵」ではなく「文章」を読んで深めてみよう!と選んだ2冊は岡本太郎大センセイ「孤独がきみを強くする」&会田誠氏「青春と変態」。

早速、後者から読んでみました。
これは!スキー部17歳「変態」=会田誠と周りの部員=「青春」。
えげつない話も青春の中にあると、爽快!
バカだねえ、とつい笑ってしまいます。
変態も青春の中にありき。
そして次々読み進めてしまう日記という文章、わたしにとっては解りやすい!

こんな不快なお話を、紅鮭、豆腐のお味噌汁、白米、みたいな正しい食事をしながら読んでいる私もまあまあアレかもなあ。

芸術の秋と、読書の秋。
どちらも同時に深まる?かもしれません。
不愉快で不愉快でさわやかでさわやか!
としか表現できない本。
青春は変態さえも爽やかにする。



MAUI inspirations -SENDAI-