風の歌を聴け


今日は移動中に村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」を再読。
短いこの小説を何度読んだか知れない。

この本に思わされることは、青春は必ずこういうものであるのだけれど、それはやり残したり、後悔したり、恥ずかしかった日々みたいなことから来るものではなくて、勝手で無頓着な毎日は、もうない、という、読んでいる私が歳を重ねていくごとに離れていくこの世界との距離そのもの。
だから、読むたびにに感想は変わる。
青春との距離。

離れているものに想いを馳せるのは、しあわせであると同時にいつも哀しい。

MAUI inspirations -SENDAI-