PARKING

過日、私より私を知っているかもしれない幼なじみと半年ぶりに食事に出掛けた。
散々食べたあと、店を替えて夜中にブルーチーズにたっぷりはちみつかけて食べてしまった。

 
 会わない半年の間にあったいろいろを話し合う。
私は店の廃業や、やめてみてわかったことの数々を。
友人は、旅先でのらくだの顔がいっぱい並んでいたり当たり前に日本では売ってはいけないものが並ぶ市場、そこには人間の歯が並べてある店まであって、自分に合う歯を買うんだとか、そんな話を。

話が下手なそのこ。
イタリアからスペイン、モロッコへの旅も佳境、
「で、サハラ砂漠はどうだった?」と訊くと
「砂漠の中の砂漠だった!!!」と。

世界のいろいろを見ているからこその感想のような?
いろんな砂漠を体験しているからなのか?
なんも伝わらん…。
写真はただただ絵のように美しかったけれど。


その砂漠 of 砂漠の写真をみたあと、嬉しそうに見せてくれたのは渇いた土のうえに、縛られることもなくロバが好きな向きで待機している動画。

「ここ、ロバの駐車場!!」
 
愛すべき人間なのである。



こうしていられる時間が私たちにはPARKINGだなあ
と、飽きているロバを見て思った。


MAUI inspirations -SENDAI-