投稿

岡本太郎・孤独がきみを強くする📖

イメージ
先日読みました岡本太郎大センセイの「孤独がきみを強くする」。

知っていること、常々思っていること、わたしが言えば、なんだ、君ごときがと言われそうなので言わないでいること、すべてにおいてそんな本。
あえて、文章になると、
照れる。

孤独でなければ何にもなれない。
孤独なもの同士が本当のお似合いだと解っている。

ただこの本は古本で、前の所有者が鉛筆で線を引いていた。
消しゴムのあともあった。
そういう、いい本なのだ、と私も思う。

義務教育にすればいいのに。

MAUI inspirations -SENDAI-

Question

イメージ
私の店は会話の対象者が私だけなので、よく、「みゆきさんのしあわせってなんですか?」
と訊かれることがある。

フワフワしてる~♥とか、日向で昼寝、サイコー!とか、この1杯の為に生きてる~なんて訳はなく、それは日本の社会人である以上日常の心地よさのことです。

しあわせってのはそんなことじゃない。
要求されたい人の要求に応えること、その結果それを笑って喜んでくれること。
そしてそれが適当にちりばめられた人生が続くこと。
だからひとりではしあわせになれない。
お金やモノや結婚や仕事は付随するにしてもしなくても、結局、私が君にとって人生の必須アイテムかどうかです。

で、どうですか?
で、訊いてどうすんの?笑

MAUI inspirations -SENDAI-

Sightseeing📖

イメージ
今日はラッタウット・ラープチャルーンサップ「観光」を読みました。
初めて読んだ小説。
シカゴ生まれ、タイ育ち。タイとアメリカのハーフである作家の本。
古いことを書いているわけではないのに、息苦しいほどエモーショナル。

淡々としていながら、少年の想いは深い。
まだ理解できていない少年自身の気持ちを表現する言葉が素晴らしくいい。
このごろ何を読んでもなにか物足りなかった、ような気になってしまいました。
しばらく本は読みません。多分。


終始切なくて、日本人とはなんだろうって考え、このままじゃいけないと、永久に満たされない私が、いまからすることってなんだろうかと。



この一年、読んできた本の中で私は最もいい本でした。
訳も素晴らしく、でも原書を読んでみることにトライしてみようと思います。

クリント・イーストウッドと名付けた分身。
作家は英語でどう書いたのか読んでみたい。

環境、境遇、土地、人間、希望、いろんなことにがんじがらめになっているところから出られるような気持が湧いてくる本。

おすすめします。

MAUI inspirations -SENDAI-

会田誠「青春と変態」📖

イメージ
芸術の、読書の、スポーツの秋、とは言うものの音楽も常々聴いているし、絵画も観ているし、膝が痛いからスポーツはしないし。
この秋はもう少し進んで、芸術家が描く「絵」ではなく「文章」を読んで深めてみよう!と選んだ2冊は岡本太郎大センセイ「孤独がきみを強くする」&会田誠氏「青春と変態」。

早速、後者から読んでみました。
これは!スキー部17歳「変態」=会田誠と周りの部員=「青春」。
えげつない話も青春の中にあると、爽快!
バカだねえ、とつい笑ってしまいます。
変態も青春の中にありき。
そして次々読み進めてしまう日記という文章、わたしにとっては解りやすい!

こんな不快なお話を、紅鮭、豆腐のお味噌汁、白米、みたいな正しい食事をしながら読んでいる私もまあまあアレかもなあ。

芸術の秋と、読書の秋。
どちらも同時に深まる?かもしれません。
不愉快で不愉快でさわやかでさわやか!
としか表現できない本。
青春は変態さえも爽やかにする。



MAUI inspirations -SENDAI-

結果「Yesterday」を観た🎬

イメージ
今夜は「JOKER」を観るつもりだったのに
最終時間に間に合わず、結果30分遅く始まる「Yesterday」を観た。

この映画館に、最後に来たのは大好きな人とだったなあ。
だからストーリーはどうでもよかったなあ。 
そう言えば、映画が始まっちゃうのに、ドリンク出す子がのんびりしてたなあ。
その日も月曜日のレイトショウだったなあ。
席も同じだったなあ。
あの日はふたりともセーターを着ていたなあ。


感想は
"アイ ワナ ホールドユア ハーンズ!"のとこで握手して、
仲直りしたいなあ。
それだけ。
あと、ED SHEERANが多量に出てた。
あと、エンドロールにこれ?
うん、それだけ。

私たちはせっかく同じ時代に今、生きているのになあ。しかもこの小さな日本で。

なんでこんな秋も深まった夜にひとりで映画みたんだろ?
寝よ、寝よー。


MAUI inspirations -SENDAI-

LOCK STOCK & TWO SMOKING BARRELS 🎬

イメージ
昨日のSTINGの仙台公演が台風で今日になったんだってお客様が言うので、
いずれにしろ、行かない私はこれを観ます。

STINGご自身も出演&出資で話題でした、
「LOCK STOCK&TWO SMOKING BARRELS」。

独特の写真の連続のような映像の世界。
中年以上は疲れるかも、ですが私はそれを認めず、ティーカップからソファ、ドアも車もすべてがスタイリッシュ、音楽も素晴らしいので大音量でたのしみまーす🎬

ガイ・リッチー監督のデビュー作ですが、当時は英国版タランティーノと言われたそうです。
でも私は、このバカバカしさは何度も観ているコーエンブラザーズ「BURN AFTER READING」っぽいなあと思いました。あれも最高!!

それにしても、英国って女王&紅茶&007が大好きなんですね。
来年の007もたのしみだわ~☻

MAUI inspirations -SENDAI-

2冊の「彼女」📖

イメージ
今週は角田光代さんの「対岸の彼女」、
原田マハさんの「さいはての彼女」、
彼女2本立てで読みました。

対照的な2冊の本。 どちらも次が気になってしまう飽きない展開つづきで素晴らしかったです。 そして、どちらも二人の女性が主人公です。
ひとつは誰もが持ったことあるような女性の心情を、激しいのに繊細に描いてある小説。 ひとつは有り得ない完全創作。こんなことがあったらいいなあ、のある意味ではSF的感動作。 どちらの「彼女」も読み終わったら、面白かった!よかった!!という本です。


逆に今朝読んだ村上春樹さんの「ハナレイ・ベイ」は想像力は必要ですが、故に余韻たっぷり。沁みました😢 だから、またいつか読もう、と読み終わったときから思う小説です。


こんな風に本には色があって、余韻があればいいってわけでもないし、どう読ませたいかは計算されているから本に任せて楽しむのみ。


いま、読んでよかったのは、「さいはての彼女」でした。 短編ですが、ガサツなようでありながら、今の私には必要なことがいっぱいっだったなあ。必要な時にまた手に取ります。


MAUI inspirations -SENDAI-

TAXI DRIVER 🎬

イメージ
今年になって思い出深い映画になった、今夜は
ROBERT DE NIRO「TAXI DRIVER」を観ます。
世代ごとに観てきた映画。


モヒカンのデ・ニーロを久々に見て、彼は「マイ・インターン」に出てよかったんだろうか?という思いを禁じえず。


最後はまたタクシーを流すトラヴィス。

ダニエル・キイスの小説「アルジャーノンに花束を」を思い出しました。
子供の頃は、「なんだ、この映画は!とトラヴィスのわがままめ!」と思っていたけど。

する前、している最中、してしまったあと。

まだ早かったってこと、ある。
無駄なのに想わざるをえないって、ある。
「続かない幸せ」は知らないほうがいいって気持ちになる日も、ある。
でも、「ふしあわせ」だけが続くことは絶対に、ない。

いまは悲しいこの映画を
「なんだ、この映画は!トラヴィスのわがままめ!」という目で観てみたいなあ。

週明けは「JOKER」でも観てきます。


MAUI inspirations -SENDAI-

転換

イメージ
先日の定休日、打ち合わせを兼ねて、先輩友人の経営するお店へ。
キッチンにある、コンベクションとかオーブンとか…。
坪数と調理器具の大きさは、上げたい売り上げを表すものですよね。

この店をやるとしたら…金融公庫と銀行と事業計画書と身上書と……想像しただけで寒気 笑

先輩の好きなヨット遊びの本なんかも置いてあり、みんなお店は大事なんだって感じました。

私は私の店に戻って、RED HOT CHILI PEPPERS「LIVE IN HYDE PARK」かけます。

なぜならRHCPのライヴに行ってきた友人の話を先週聞いたからです。 私も行きたかったそのライヴはものすごいエンターテインメントだったとのこと、それはすばらしかったでしょうねえぇぇ…。
店を休んで行くか、否か、考えている間に、チケットは無くなっていたそのライヴ😢
行かなかった、ってことは行かなくてよかったということなんだけど、
おさまりつかず、激務の定休日2daysは2枚組、ライブ盤で。

外出も、人に会うことも、音楽も、行動に転換して、気分はいいから、気分は転換せずに。

この2日は仕事と言うより作業。
ライブ感上げて楽しくやるかぁぁぁ☻

短い仙台の秋。私は年中ハレの日。
ハレの日とは、ハレとケ…と書くと今日のブログの主旨が変わってしまうのでまた今度。




MAUI inspirations -SENDAI-

10月8日はシーズーに乗った🐶

イメージ
毎年、寿司屋の友人が差し入れてくれる、
はらこめし。
10月8日は、はらこめしの日。

いつもありがとうございます☺️♥️

おいしい。
なんだかんだと忙しかった1週間。
それに加えて、昨夜は普段見ないへんな夢をみました。

ハッチバックくらいの大きさもある、大きなシーズーに乗って通勤している夢。
ふわっふわのシーズーが、私を乗せて愛宕大橋をトコトコ渡っていくんです。

犬なのに店の下のガレージにバックで入れて、
仕事が終わり、降りていくと、
ふわっふわのモフモフが、黄色のフェアレディZになっているという夢。
昔のZで、それはよくても……黄色です。
疲れてたんですね 笑

おいしいはらこめしのおかげで、疲れはどこかへまいりましたとさ。

MAUI inspirations -SENDAI-

something BEATLES

イメージ
定休日の前夜。
今夜は、BEATLES FOR SALE。
まったくBEATLESに詳しくないけど、いいの、それで。
音楽は学習よりVIBESなんで。ってヨーコも言ってたし。

ダイスキな友達が急な誘いに付き合ってくれて、夜中にビートルズを、集まって聴く。
まるで中学生のような夜です。

深夜、店に戻ってほかの曲を聴きながら思い出したのは、
10歳、小3のある日のコト。

教室で隣の席だったE君は画家の息子で、ファッションもヘアスタイルも風変りで凶暴な男の子でした。
小泉今日子と中森明菜全盛の時代に、いつもBEATLESを歌っていて、
漢字書き取りのノートに「HELP」の歌詞を英語で書いてくるような、かなり浮いている存在。

E君、その日は机の上に鉛筆を置いては落とし、芯を折っては、立派なナイフを取り出して削り、を何度も繰り返していて、
鉛筆に飽きたころ、突然私のおなか、胃のあたりをグーで殴ったのでした。
その時に「All My Loving」を歌っていたのです。
いつも聴かされてきた歌のひとつ。
こう書いてしまうとホラーですけど、そんなに驚かなった。
息が出来ないだけで。

その後、E君は謝るでもなく、今に至るわけです。
男の子はずっとアンバランスなものなのかもしれませんね、大人になれば、いろいろ身に着けて、隠してはいても、環境や境遇に耐え難くなることがあるのかもしれません。
謝らなくても、なんか無理だった、とか、器から溢れた、とか言えばわかるのに。
その表現が女性と男性の音楽の違いなのかな。
芸術でも男子のアンバランスさが生む悲哀に、女子は敵わないのですねえ。

殴られる、より、無かったことにされた、
こちらはそれに傷つけられているのだけどなあ。

まあ、思い出も、まだ思い出にはならないこともありますが、人生には音楽がつきもの。
今夜の、この古い、'録音された'初期盤であっても、
今私の下手なピアノで弾く「Oh!Darling」であっても =LIVE なのです。




MAUI inspirations -SENDAI-

BAGDAD CAFE 🎬

イメージ
この仕事についた頃も、今でも、初心に帰り立ちたいとき。
高校時代に初めて観た「BAGDAD CAFE」を今夜は観るって朝から決めていました。

BAGDAD MOTELの壁の色、天井の色、自分の城を持つときはこうしようと思っていたんだと、今、なんだか胸がつまります。

マウイのワイレアビーチで波打ち際の色を見た時にもそう思った。
そしてその通りになった。
今はピアノも持っている。

きれいに片付いたオフィスからブレンダが眺める、
いつもの夕陽が美しく変わるってこと。

いきいきと生きていたら、きっとかけ違いの修復も、思いがけない幸せも、来るってしんじよう。
いくつになっても女はいつも笑ってね。
可能性も種も自分にある。




こういうことなんだな。
スーツケースひとつで豊かさも幸せもみつかる。
わたしは、持ちすぎている。

私にとっては終始、胸の熱くなるNo.1の映画。
MAUI inspirationsの原点。
是非、皆さんももう一度。

MAUI inspirations -SENDAI-

綿矢りさ・蹴りたい背中 📖

イメージ
初めて読む、彼女の本。
史上最年少芥川賞受賞作の綿矢りさ「蹴りたい背中」。

細部の説明が長くてストーリーがなかなか入ってこない。
これは何を形容していたんだっけ?と私には何の説明か忘れる長さ。

受賞直後に読んだら新しさが面白かったのかな?

小説は、私が言葉に出来ない気持ちを、言葉で現してくれるものであって欲しい。

もしくは、まだ知らなかった気持ちを言葉にして欲しい。

「あるある」というものには特に共感も感動もしないものである。

でも、巻末の解説を読んで、納得。
芥川賞や直木賞は、若者が書く、今の若者のストーリーで、青春であることがヒットする、のだそう。
かつての村上龍さんや石原慎太郎さんがそうであったように。


ちょっと読むのが遅かったみたい。
賞をとってから10年以上たっての
次は「勝手にふるえてろ」を読みます。


MAUI inspirations -SENDAI-

THANK YOU!!

イメージ
今週も頂き物がいっぱい!!
いつもありがとうございます。

遠いところから飛行機で来た、はるばるアトランタ土産。
スタバのバッグは陶器。花器かな?
蚊に刺されない石鹸。
来週、自宅のモッコウバラと生垣の伐採をすることになってるので、
これで洗えば蚊に刺されないのか、水着でやってみます。
実験。寒いかな。
お菓子はウクレレの練習会でいただきましょう!


こちらのポップコーンはキューバからの帰りにトランジットで寄ったカナダ土産。
「BUENA VISTA SOCIAL CLUB」DVDを偶然見たばかりだったので、キューバの音楽、ダンスの話と写真はとっても魅力的でした!


そして何回行ったか分からないほど行ってるのにおみやげを買ったことない名古屋。
こういうのがあるんだね。
老舗和菓子店の洋菓子なんですって。
名古屋は変わった食べ物王国ですもんね!


そして、同じ町内、歩いてきたプリン。
バニラビーンズがいっぱい!!


そして、毎年ありがとうございます、大量の新米!!!
すべて、わたしの糧にします♥ピカピカしてるので✨

毎日いただきものばかりしていますが 私にできることはあるのでしょうか? MAUI inspirations -SENDAI-

INCOGNITO🎧

イメージ
読書も映画鑑賞も仕事しながらは出来ないので
ちょっと忙しい昨日、今日は音楽しかない!
いつもは夜に聴いてるINCOGNITO、今日は開店前から


秋の始まりの今日は大音量で
「Don't you worry 'bout a thing」

いいなー!サイコー!
悩みなんか吹っ飛ぶわ!!!
悩んでなかったけど。

人には期待せず、自分自身に期待。
悩まず構築するのみ。
そしてやるのみ。
期待以上を求めていい10月にしよう!

すっきりして始める秋の初日にみんなも聴いてみてね😉


MAUI inspirations -SENDAI-

今日の音楽☝

イメージ
月末の仕事 & 新しいキルトのお仲間のキットを3個作って、今日は業者さんが夜に来るし、諸々やることで溢れる月曜日。

今日はこの2枚で仕事も捗らせるのです!

若かりし頃、私世代は散々聴いた
Swing Out Sister。
どの曲も掛かれば歌える、有名ベストアルバム。
いいわ~。

そしてなんだか そわそわしちゃう
Daryl Hall & John Oates。
いいんだーこのアルバム。
Private EyesとかOne on Oneとか最高。


この2枚の選択、気分いいってこと。


昨夜は3時間にわたり、ピアノの先生と深夜のレッスン。

月末の込み合う銀行に並んで書いてるこのブログ。

充実の毎日にも月末の仕事にも、音楽は不可欠。


おやつは今日は横濱元町 霧笛楼のレンガです、期間限定品のレモン。 THANK YOU☻

MAUI inspirations -SENDAI-

STING 🎬

イメージ
今夜はポール・ニューマン & ロバート・レッドフォードの「THE STING」を観ました。
これは私が生まれた’73年の映画。

ワルい男のシゴトは上等なスーツで。
ワルい女の登場は寝間着姿にガウンで。笑

ポール・ニューマン扮するヘンリー、視線も、鼻に指をやる仕草も、とにかくカッコいい うえにチャーミング。

詐欺師で、復讐で、悪いコトばかりなのにサイレント映画みたいにコミカルで、
ポーカーのシーンなんか、タイトル通りヒリヒリする。
年季の入った器用な男にシビレる映画、若者の皆様も是非観てね😉



MAUI inspirations -SENDAI-

CHICAGO

イメージ
一昨日、出張シカゴ土産のチョコレイトをいただきました。
いつも、どこに行っても思い出してくださってありがとうございます☻♥

なかにタラーっとミントが入っているのかと思ったら
甘すぎない硬めのチョコレイト全体がミントのお味。
今までいただいてきたチョコミントの中でも格別のおいしさでございました!

単純なので今夜はCHICAGOを聴きます。
「Hard to say I'm sorry」。
ためいき。
どうしても話したいことを言いに行ってもいいものかも決められないで
まもなく10月。

なんかおかしいよね。
こんなにバイタリティに欠いているのは
秋のせい?飽きのせい?

MAUI inspirations -SENDAI-

Street Address🏠

イメージ
先日、何故か横浜で頂いた「いなりあげもち」なる見たことのない食べ物。

お稲荷さんの味付き油揚げに、お餅を入れて電子レンジで加熱していただく変わったお土産です。
そろそろ感想を、と思い今日、食べてみました。

なんとなく、関東とか東北の味とは違うような…と思って裏面をみると変わった住所。
福岡県直方市下境2400番地字餅米もちだんご村餅乃神社前。

今は2019年、早速、Google It!


気になってる方がいっぱいいるのですね、たくさん情報がありました。
みんな知ってることだったのかなあ。
神社もこちらの会社で建立、郵便もこれで問題なく届く、とのこと。
どの記事もこちらの会社の熱意が伝わる内容でした。

しかも、仙台にも支店があり全国展開!
主力商品はおせんべいだと思うので今度買いに行ってみます。

発信場所は、地方であっても出来るっていうことですね、
頂き物から思わぬ利がありました。

どこにいても、やるか、やらないか、だけ。ってこと。
今からまた頑張りまーす。

MAUI inspirations -SENDAI-

WATER BOYS 🎬

イメージ
今夜は、夏を惜しんで。
ウォーターボーイズ。
妻夫木君のほうの。

お話はみなさんご存知のとおり。
流されたり、言えなかったり、やり遂げられない子たちが目標を見つけて必死で取り組んでいく青春のストーリー。
知ってても、単純でも、いい。この映画。

男の子って今でもなんかあるとじゃれてコブラツイストなんだろうか?
そこもかわいいけど
PUFFY「あいのしるし」のとこが何度見ても最高。笑

この映画が爽やかなのは、親がまったく介在せず、他の大人を通じて成長するところです。
自分たちでやっていけるのに、口、手、出してたらハジケないし、考えませんからね。

私は高校生ではないので、せめて、腹にずるさがない子を面白おかしく応援できる大人になろう。
このキャストでいうと、竹中直人さんとか、柄本明さんね
難易度…笑

あー面白かった!夏も終わりだなっ。


MAUI inspirations -SENDAI-

夢の登場人物

イメージ
よく書いているとおり、
私は寝てる時に夢をほとんど見ません。
年2くらい。
しかも1回は同じ夢だからおnewの夢は1回みるかなあ。

今日は自転車がなかったので歩いて出勤。
途中、知り合いの男の子にばったり会い、
「みゆきさんが夢に出てきたんすよー」とのこと。

この1週間で4人から、私が夢に出てきた、と言われました。
言われただけでこの人数なので、ほんとはもっと出演してるのではないかな?
みんなが観るから私が夢を見られないんじゃないかな?

ディズニーのミッキー的に?
夢の国には?
ひとりしかいない?
のではないか?笑

MAUI inspirations -SENDAI-

FIGHT CLUB 🎬

イメージ
今夜はエドワード・ノートン、ブラッド・ピットの「FIGHT CLUB」。

考えすぎないほうがいい、と思ったり、考えなきゃダメでしょ、と思ったりを繰り返す、
疲れる映画。
少なくとも別世界に行ける、ブラッド・ピットのキレぶり。
過ぎるイタズラか、テロか、それも現実なのか虚空なのか。
民主主義が行き過ぎると結果、小さな社会主義国を作りたくなるものなのかな?

物語って誰かに感情移入するものだけど、
どこから観るものなのかわからない変わった映画。

ひとの多面性には日常でもまさかと思うことで傷つけられますよね…。
一応私も人並みに傷つきやすいのに。笑
こちらにも、しんじちゃったり、期待しちゃった負はあるってことだ。

とりあえず、なんかスッキリしたー。
モノにとらわれないって難しいけど、帰って片付けしよー。
エンディングのピクシーズがいいのでエンドロールまで観てね!!




MAUI inspirations -SENDAI-

September

イメージ
私にとって9月はスペシャル。
無事にうちのワンコ🐶が15歳になれました。

この45年の人生、覚えている限り、
いいことの始まりはいつも9月でした。

毎年ってことでもないけど
ひとからもらう素晴らしい体験の始まりはいつも9月。

先日友人が勝手に私のこれからの1年を占ってきてくれました。
寒い最中のこの冬、思いもよらない出来事があり、
その後、春先から初夏、素晴らしい伴侶を得るらしい 笑
私だけいい結果になったので、カードをぐちゃぐちゃにシャッフルしたと言ってました。
仕方ないの。私はホントにいつもラッキーなんだもの。

始まりは9月。初恋も9月。発展は12月。終わりは何年後かの7月。
人生の流れ。地球で言えば、人生そのものが公転として、自転の周期みたいなもの。

新しい出会いも、どんでん返しもなく
もう「終わりの7月」は、このまま生涯なくてよかったんだけどなあ。

今日は24日。
吉報はまだなし。
でも、本当はまた始まっているのだと思う。 
だって、君も私も代わりなんていないんだから。

MAUI inspirations -SENDAI-

昭和の歌

イメージ
毎日の自転車&ハナ歌での帰り道、昨日は平井堅ver.「順子」。
歌って帰りました。

君の名を呼べば 僕はせつないよ~♪

昼間、久々にジュンコが来たってだけ。
ハナ歌だと、平井堅ver.も長渕剛さんのと同じってことなんですけどね。

流れで 好きです 好きです 心から~♪ の巡恋歌。
このあと「万里の河」。チャゲ&飛鳥に
中島みゆきさんの あきらめました~あなたのことは~♪

実際の記憶にはないけど、このへんは散々お付き合いで聴いてきた歌ですもの。
パーフェクトです。

すごいなあ、昭和の歌。
だって最後は [あんた、あたい] の世界「ひとり咲き」。
燃えて散るのが花~ 夢で咲くのが恋~♪ 笑


昭和生まれに染みついたコード進行…。
初音ミクについていけなかった私…。
どれも林檎ちゃんの歌よりうまく歌えてしまう事実…。

昭和生まれのジュンコ、また来てね😉




MAUI inspirations -SENDAI-

super market music =

イメージ
過日、スーパーマーケットで買い物していると、
この曲なんていう曲だったかな???という音楽が流れていた。

購買意欲を増す音楽なのでしょうね、働いている人はあたしより年配の方々ばかりに見えるけど、だれが選んでるんだろ。

結局、その曲が何かはShazamにまかせて、
BASIA「Drunk on Love」だとあっけなく判明。
とても懐かしい♥そうそうBASIA!

仙台に来て間もないころ、
仙台駅近くのあるお店で、友人と食事してると、この店は音楽がいいね、と言ってきた。
そんなこと気にしてる男とは思っていなかったので、
そなんだ、で終わろうとしたら、
「これ、選んでるのはどなたなの?」
とお店の方に質問した。

訊かれたそのコは嬉しそうに
「今連れてきますっ」とその日のプレイリストを作った方を連れてきた。
「照明のトーンも変えてますよね?」
とその方に連れが質問。
当時、AM4:00までの営業だったそのお店では4段階に暗くしていってる、とのこと。それはどこでもしてることなんだけど、お客様からの問いかけや、違いの気付きは、褒め言葉であるし、やりがいのひとつだ。

今や出世頭の経営者になったその時の連れとは
いいお客さんがいい従業員を育ててくれる、で一致している。

私も、スーパーでこれは誰が選んでるの?と訊くべきだっただろうか?
spotifyです、と言われたりするのだろうか?
でも懲りずにいいお客さんでいたい。
だってもう中年だもん。

巡り巡って、いい接客を受けられることは、
接客というかたちのない仕事に、人生使ってる私の夢だ。

タピオカをみてわかるように、そのうち、ナタデココとかカヌレとかベルギーワッフルなんかになんかを足したりして、また人が並ぶのかもしれない。
食べ物も飲み物も飽和状態の世の中。
詰まる所は「人」。


ともあれ、定休日、籠ってする仕事には最適な曲。
購買意欲と仕事のはかどりは同じ周波数な気がする。


MAUI inspirations -SENDAI-

HELLO,GOOD-BYE

イメージ
新しいパスポートと古いパスポート。
今日、受け取ってきました。

日本に暮らしていると、大陸と違って、外国はいつでも海を渡る。
一緒に海を渡ってきたパスポート。
ありがとう!

ビザのスペースはまだ残っていたのに、10年経ち、更新になってしまいました。
新しいパスポートは途中で新しくするくらいどこかに行きたいです。


パスポートがないと息苦しくなります。
ここにいるしかないって想像は苦しい。
16,000円で世界中、どこにでも行ける権利を買えるなんて!!!

私が一番好きな本は
このパスポートって本だなあ。

この小さな2冊の本には
アツくて幸せな思い出と
まだ、見ていない世界がいっぱいだ。



MAUI inspirations -SENDAI-

あげまん🎬

イメージ
そういうことらしいので久々に観る、伊丹十三さんの「あげまん」。

これももう30年近く前の映画なんですね、どおりで私も近くが見づらくなるわけだ。
いま観るとバブル感いっぱいの、時代劇的コメディ。

伊丹さんの映画はいつも女性のリスペクト。
きっと「夢」なんだわ。

ナヨ子の「せっかく楽しかったのに~」が
この映画のすべて。

おんなから言わせると、そうなのよ、
「せっかく楽しかったのに~」なのよ~。

いつも笑って、褒めてたのに~。
ただ、よくなって欲しいだけなのに~。


この映画の主人公たちも今の私たちも、
"青春"は過ぎた、言わば "朱夏"。
人生充実真っ盛り、
惑わされなくなる世代のはず 笑


帰り道、
"あがってんの?
"さがってんの?
"みんなハッキリ言っとけ!
"あがってーる👆

と、歌ってた。やっぱ朱夏(中年)世代 笑

"てか すべて見たいんだ!
一緒にね!
それだけなのよ~。

男女はコメディにどれだけ取り組めるかなんだわ。
本心から褒めたり助言してくれるカワイイ女をお粗末にすると堕ちるだけですわ。


MAUI inspirations -SENDAI-

Are you that Stupid ???

イメージ
先日の夏休み。
約10か月ぶりの横浜。

以前にも書いた私の尊敬する人のうち、ふたりがこの横浜にいます。
その中のひとりに今回は3年ぶりの再会。


よく聞く女性経営者の文句に、「私、男みたいなもんだから。」があり、それはまるで逆の方々の間で横行しています。
女を売って商売してないよ、という意味で使いがちなのでしょうけど。
嫉妬深いのは女性より男性だと思うし、わりと人のこと気にしてるのも、くよくよするのも男性的な気がしますので逆ともまた言い難い。

彼女のすごいところは、相手を操作してものすごい嫉妬心を元から断つところです。
常人なら、くよくよするところも、事実も記憶もすり替えていいようにしてしまうところです。
そして鈍感なように振舞ってる。
ホントに尊敬します。

私は記憶力がかなりいいので、写真状に覚えています。
スゴい美人な彼女がお店を持つことになった20年以上前の資金集めの話。
以前聞いたものとはまったく違うものに変わってました。
えー!!です。
指摘なんかしないし、これでいいのだと思います。
その変わってしまった話も役に立つ内容だったし、なんかカッコよく変わってたので。
なんなら、以前の話も本当だかどうか……。

別れ際、泥酔の彼女は「恋したいな♥」と言い捨ててタクシーに乗り込みました。
何だったんだろ、この締めくくりは。
即ち、経営者に、女性も男性もないってことなんだけど、
尊敬してきた3人のなかでこれから先も私に直接言葉をくれるのは
残念ながら彼女だけなので大事にします。

最近私に起きたいろいろを話してみた結果、
その彼女に言われた今回の旅、No.1フレーズは、

「みゆき、あんたバカなの?」

です、心して生きていきます 笑




MAUI inspirations -SENDAI-

1oz.

イメージ
バーテンダーになろうかなって思った25年前。

初めにするのはフルーツ洗いとかボトルのキャップの開け方。
メジャーを使わず45mlを正確に落とす練習。
水割り、という立派なカクテルを何杯も「水っぽい、ダメ」と言われ
「ウィスキーと水の味がする」と言われ、
同じようにジントニック、「水っぽい、ダメ」と言われながら
両足を突っ込んできた魅力的な世界。

今はバーテンダーではないので話すこともなくなった、今日はグラスのはなし。

お酒にはそれぞれお似合いのグラスがあって
ワインは産地によってボルドー、バーガンディ、などグラスも違いますよね。
デンマークのアクアヴィットは凍らせたお猪口のようなグラスだし、温かいお酒にはホルダー付き。
ウィスキーだけとってもストレートグラスは脚付きだし、ロック、ミスト、ウォーター、オールドファッションド、TWICE UP、飲み方も様々です。

気に入りの飲み方があれば、バーテンダーに言ってみるのもいいと思います。
私はお酒を飲んでいたころ、ポートワインをブランデーグラスで飲んでました。

ブランデーグラスの話は多分、
バーに勤めていれば最初に先輩から聞かされるTrivia。



グラスを寝かせて、こぼれない量が、1オンス(約30ml)。
どのブランデーグラスも同じカーブを描いている、ということ。

ブランデーを手で温めながら飲む、形と量。
寝かせて出してみたこともあったなあ 笑


お酒の世界は限りなく、楽しいものです。



MAUI inspirations -SENDAI-