投稿

心以外は縛られたくない

イメージ
かわいい後輩がくれたきっこうちゃんシール。
座右の銘は「カラダ以外は縛られたくない」。

こんなにかわいいきっこうちゃんとわたしは正反対。

心を縛られるってすばらしい。
気持ちが奪われるって、そう出逢えるコンテンツじゃない。

幸運!!!

だとおもう。


反面、カラダは自由な方が楽しい。
心を持っていかれたのが、体験だった場合、繰り返したい。
気持ちを奪われたのがヒトだった場合、その人に会いに行きたい。

!!
その結果のきっこうちゃんなのか?
そこはそれぞれ。

今日はHappy Valentine's Day。
みんな、心ここにあらずな一日を♥


MAUI inspirations -SENDAI-

休憩

イメージ
外が寒すぎて、製作時間約2分のうさぎ。
1時間後には耳が飛んでどっかいっちゃった。
帳簿の合間の息抜き。

姉曰く、この赤い目が落ちて、庭のいろんなとこから芽が出てくるらしいので、この場所にも出てくるかもしれない。
ここは芍薬と牡丹が咲くところだから、あとで移動しておこう。
MAUI inspirations -SENDAI-

THE DATE LINE

イメージ
なかなか入り込めずに時間ばかりかかってしまった今回の読書。
「日付変更線」。
湯船で読む時間しか取れなかったのでなおさら。

30代、誕生日のほとんどをハワイで過ごしましたが、祝日とかBLACK FRIDAYに合わせると誕生日を2日することになります。
誕生日が終わって日付変更線を越えるとまた誕生日。

上・下巻にわたっていったり来たりの内容にどうして話が進まないのかと思っていたけれど完読してみてよくわかりました。

同じところを行ったり来たりしているのではなく、
大事な人は未だ昨日のハワイにいる、自分は日本でハワイの明日を生きている、大事なものが自分と他方にあるとき、今日はどこにあるんだろ?

3世か4世になるであろう私の世代。
祖父母が2世、主人公の若者ふたりは4世。
2世の両親は日本人だけれど、2世はアメリカしか知らないアメリカ人。
そして戦争。
これは小説だけれど、一度読んでみるといいかもしれませんよ。

私はもともとなんでも「縁」で片づけることはしないので、
この本で言うところの「運命」のくだりはとてもよかったです。
努力で手にした大事なものを「縁があったねえ」なんて言われたら、がっかりします。

そして”2ヶ月月ぶりに聞く懐かしい声”の表現に、
2ヶ月で懐かしいかな?とは思わなくなります。
大事なら懐かしいんです 笑

今、読んでよかった本です。


PARKING

イメージ
過日、私より私を知っているかもしれない幼なじみと半年ぶりに食事に出掛けた。
散々食べたあと、店を替えて夜中にブルーチーズにたっぷりはちみつかけて食べてしまった。

会わない半年の間にあったいろいろを話し合う。
私は店の廃業や、やめてみてわかったことの数々を。
友人は、旅先でのらくだの顔がいっぱい並んでいたり当たり前に日本では売ってはいけないものが並ぶ市場、そこには人間の歯が並べてある店まであって、自分に合う歯を買うんだとか、そんな話を。

話が下手なそのこ。
イタリアからスペイン、モロッコへの旅も佳境、
「で、サハラ砂漠はどうだった?」と訊くと
「砂漠の中の砂漠だった!!!」と。

世界のいろいろを見ているからこその感想のような?
いろんな砂漠を体験しているからなのか?
なんも伝わらん…。
写真はただただ絵のように美しかったけれど。


その砂漠 of 砂漠の写真をみたあと、嬉しそうに見せてくれたのは渇いた土のうえに、縛られることもなくロバが好きな向きで待機している動画。

「ここ、ロバの駐車場!!」
愛すべき人間なのである。



こうしていられる時間が私たちにはPARKINGだなあ。 と、飽きているロバを見て思った。

MAUI inspirations -SENDAI-

芸術は

イメージ
階段の途中に書かれたこの言葉。
芸術は呪術である。
らしいです。

ということは凡人に使える術はなく、
魔法使いだけが芸術家になれて
それ以外は真似事ということになる。

一度見たものに無意識で影響されるものだけど
圧倒的なものには真似する余地もなく、
たぶん、伝えていくものはある程度真似出来る汎用でなくてはならなくて
真似出来るものと伝えていくものと真似出来ないものはまったく違う。
だから、感想は誰とも共有できなくて然り。

岡本太郎大先生のデッサン
MAUI inspirations -SENDAI-

風の歌を聴け

イメージ
今日は移動中に村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」を再読。
短いこの小説を何度読んだか知れない。

この本に思わされることは、青春は必ずこういうものであるのだけれど、それはやり残したり、後悔したり、恥ずかしかった日々みたいなことから来るものではなくて、勝手で無頓着な毎日は、もうない、という、読んでいる私が歳を重ねていくごとに離れていくこの世界との距離そのもの。
だから、読むたびにに感想は変わる。
青春との距離。

離れているものに想いを馳せるのは、しあわせであると同時にいつも哀しい。

MAUI inspirations -SENDAI-

Low Cost Carrier

イメージ
初めてLCCを予約してみた。
まだ乗っていないのでなんともと言いますか、そういうもんだ、と思って乗るのであるけれども。

検索さえしたことがなかったので、本当に価格に驚き!
目的地まで行って、帰って来て¥10,000!
宅急便の方が高そう!

でも宅急便では私サイズは扱いがなかったので
佐川急便で航空便を使った場合、高さ166+縦30+横45の箱に私を入れたとして、重量50㎏で+¥4,400、往復で×2、結果、¥68,406となりました。

だもの、貨物以下の扱いで然るべき。
だいたいのことは我慢できそう✨
シートベルトあるのかな?
新しい体験、わくわくします。

ま、佐川の航空便でヒトは送れないけどね😉
こんなこと考える程、最近、暇なのです。


MAUI inspirations -SENDAI-

CARE

イメージ
みんなから頂きまくってきたボディケア商品。

あまり若く年齢を言われると、
今までの積み重ねはなんだったの?と
かなりがっかりするものです。

だからといって、
女はすべて、美しいに越したことはない。

何年も怠って来た分、適量の3倍使うぞ!

……ひどいからくれたの?
……やるね、ちゃんと。
……明日から。

MAUI inspirations -SENDAI-

Who?

イメージ
この本くださったのはどちら様でしょうか?

1日休んで店に来たら、ドア前に裸で置いてありました。
ご連絡くださいませ。

いつになってもInstagramよりブログの方が数倍みてもらっている現実……。
不思議だ。

MAUI inspirations -SENDAI-

日付変更線

イメージ
やっと着手、のこの上下巻。
辻仁成「日付変更線」。
買ってから何年経ったのか……。
長編に没頭出来る時間がなかった。

最後に読んだのは確か12月。
これでした。

ハワイが舞台になっているはずの今回の本、
生活時間が変わっていつ読書すればいいのかタイミングがわからなかったり、今までなら絶対になかった、2ページで催眠術にかかったりで……。
あ~1日中、本を読んでいてもいいなんて!!

次は図書館でも始めようかな🤔


MAUI inspirations -SENDAI-

書店にて

イメージ
昨日、寒さ凌ぎの書店で立ち読みしていると
連れが「あ、○○さんだ、みんな頑張っているんだなあ」と、ある女性の記事を見て言った。
連れと同じ仕事をしてきたヒトらしい。
連れの方がずっと先か上かを行っていると思うけど「頑張ろ」とつい、出たようなその言葉に
数日前まで私がその対象であったはずなのに、
肩書きのなくなった今、頑張りたくなるひとからハズレたことを実感。

商売もキルトも才能はない。
ただ、努力をする才能だけがあるのだと、思い直すも、軸をなくすとそれさえうまく出来ないものなんだなあ、と新年早々の不安初め。


MAUI inspirations

御礼

イメージ
2019年12月30日の営業をもちましてマウイ・インスピレイションズは閉店致しました。

7年間、深すぎる私の気持ちに応えてくださり、ありがとうございました。

この仕事を生業に26年。
始まりは20歳、今はぞうのはな公園になってしまった大桟橋のたもとで何度悔し泣きしたかわかりません。
若い私は何も知らず、ただ男の人たちと同じように働くことに精一杯で、こんな日がくることなんて想像もしませんでした。
ただただ過酷だった20代。

身に着けたいろいろでなんとなく、やっていけそうかな、とか
そうでもない、全然まだダメなんだな、なんてことを繰り返しながらも、
発想と体力に輝きが漲っていた30代。

39歳、生涯暮らすことになると思っていた横浜から震災を機に地元に戻り開店、
隙間ない充実の今、46歳。
想像以上に素晴らしい40代。

でも全身で観てきたこの世界に、今は一瞬だけ瞳を閉じてみたい。
まだまだ続くわたしの人生に、想いを馳せてみたい。

7年間、一日も休むことなく店を開けられたのは、
今日、お越しくださるかもしれない、お客様との見えない約束があったからです。

そして、私がここマウイのことばかりを考えていられたのは、
私のことは、みんなが考えてくれていたからです。



いつからか、ここは私だけの場所ではなくなり、
みんなの生活の一部になり、思い出の一部になっていきました。

「MAUI inspirations」という名前を付けと理由のひとつは、
マウイ島で絵を描きながら、最初のハワイアンキルトの図柄を考えてたこと。
もうひとつは、
キツイ毎日でも、ここで、いいこと思いついていきいきと生きて欲しいなっていう想いから。

このマウイ・インスピレイションズを共有できたみんなにはきっと、
その種があるって信じてる。

そんなみんなのこの店を勝手に廃業すること、心苦しくもありますが
そこもまた、みんなに甘えて、次のステージに上がるつもりです。

最後まで、お会いできなかったけれど、毎日ブログを読んでくださっていた皆様、
毎日のように通ってくれたみんな、
私の勝手を何も言わずに支えてくれた家族、
励ましてくれた業者さん、
このドアを開けてくださったすべての皆様に
心より御礼申し上げます。

そのすべての人生に、
SunshineとSmilesとAlohaを


2019年12月31日
MAUI inspirations  店主  北条 美幸








MAUI inspirations…

早く言ってよ~♥

イメージ
Instagramにも載せましたが連日、皆様、お花やお差し入れ、ありがとうの気持ちだよって、尋常じゃない数のいただき物をしています。

デートの前夜に飲んでください!って…COLLAGEN&BOOSTER。
来年は飲めるように頑張ります☻
プラス、パックまで…ほんと、ありがとう!!! 

可愛がってもらってきたおねえサマからは
「お姉ちゃんと行って~」とWESTINのギフト。
確かに…散々働かせてきた姉へのお礼は考えてなかった…
私が考えていないだろうなーってそんなことまで汲んでくださりありがとうございます。

最後になってみんな、想いを口にしてくれる。
ほんとうはいつもそう思ってくれていたのだろうけど
わたしそのものへの愛情も、
この店への想いも、
「終わり」がきて初めて聞くことばかりよ~。

私は常々、好きな人には好きだと言っている。
笑って欲しい人には笑って今日もいこーと伝えている。
いつ言えなくなるかわからないから。

みんなももっと早く言ってよ~!もうっ!

みんなの言葉に、
郵便で届くメッセージに、
思いの丈を綴った手書きのお手紙の数々に、
その都度、胸がいっぱいになるけど、まだ泣かないよ。
MAUI inspirations -SENDAI-

君が好きだよ

イメージ
あと3日の営業で閉店する、わたしのマウイ・インスピレイションズ。

そんな今日、郵便が届いた。
御餞別とともに、手紙。

いつか私が泣く文章を書く、と言っていたけれど
今日がその日。

いい大人になって、出逢った私達。
好きな人とおもしろおかしく生きていくには、それぞれしあわせでいなくてはいけない。
一生懸命働いて、ご飯を食べて、眠る。
私達がおもしろおかしいのは、毎日頑張っているからなんだ。
苦も悲も笑っていく強さを、苦と悲を繰り返して鍛えてきた。


私は私を好きでいてくれるひとが、好きだ。
ずっと好きでてくれるように
今日もあしたもわたしと君のしあわせのために頑張りたい。
片思いは厭なんだ。



MAUI inspirations -SENDAI-

星に願いを

イメージ
数年前のJ-WAVEクリスマスキャンペーンソング、RIP SLYME「星に願いを」。
クリスマス本番の今日はこれを聴きますわ♥
からの「甘い生活」で。

だいたい、いつもうえから言うことは希望的観測、というか妄想。
事実はまったくイケていない、というのはRIP SLYMEの常。
わかるわ~。
どちらもエンディングがよろしいので最後まで聴いてね😉

Santa Claus is comin' to town~な気持ちで
しあわせな時間をすごしましょう。
今日くらいは、妄想も可。

MAUI inspirations

TIME CAPSULE

イメージ
新しい自分に本当になれるのかな 昨日の自分が視界を曇らせている 手探りでも 孤独きりでも 空を鳴らして今は クリスマスイヴの今日。 あんまり関係なく、そんなことより、お店はあと数日で閉業します。 なんだか不安だ。

MAUI inspirations -SENDAI-

TONIC WATER

イメージ
26年前、バーテンダーになるべく、仕事を始めた時から、すべての職場で作ってきたGIN&TONIC。
そしてそのすべての店で使ってきたシュウェップス トニックウォーター。
他の銘柄では残念ながら、おいしい飲み物は作れない。

お酒を飲まない今、よそでトニックだけをお願いすると、だいたい違うものが出てくる。
喉を通りにくい、水で言うならevian。
そしてみずっほい。
その点を技術に関係なく、ジンの銘柄に関係なく解消するこのシュウェップス。

勉強中にはどの店に行っても、最初にGIN&TONICを注文して、
最後にMANHATTANを飲んで、マラスキーのチェリーを食べることにしていた。
ジンを入れたグラスのどこにトニックを落とすかも、氷の締まりも、技術も、スマートさ、いろんなことがおいしいものを作るのだけど、おいしいカクテルは、水と酒が分離していないことだ思う。

ハイボール全盛の今。
ハイボールとは炭酸が上がっていくさまを表しているから、
コーラもジンジャーエールもトニックもハイボールの1種。
広告だけに操作されてないで、みんなもおいしいものを探してほしいな。

いろんなことを学んだけれど、おいしいものと、そうでもないもの、の区別は好みを入れずにつけることが出来る。
26年で学んだことのひとつ。笑


まもなくこの仕事もおしまい。
なんだかこういうことが結局、ずっと頭をはなれない。




MAUI inspirations -SENDAI-

グレイシー柔術

イメージ
12月にすることと言えば、おそうじ、ガキの使いと格闘技、借りていたものを返す。
ずいぶん前からから借りっぱなしになっていて、なんだかんだ忙しかったり、浮ついていて、読んでいなかった本と見ていなかったDVD。
過日、やっと拝見。

私が東京オリンピック2020で観たいのは、唯一、柔道。
運動神経がイマイチな私は、ホントにこれに憧れます。
そして、格闘技って言えば、グレイシー柔術。
私がやられてるわけじゃないのに、苦しくなる。笑

昔から「こわっ」って思いながら観てきたヒクソン・グレイシー。
今回は昔のPRIDEのDVDとグレイシー柔術の本。


ほぼ小説ばかりを読んでいるせいか、本に感情移入できず…
DVDもやっぱり今のものが観たい…

違うな、私が観たいのは結局、
ヒクソン・グレイシーの次男、
クロン・グレイシーの寝技でした…ということが解りました。
ほんと、これは、堪らんのですよ。

長い間お借りして、すみませんでした、新しい発見がこれで重ね重ねすみません。





MAUI inspirations -SENDAI-

四位一体

イメージ
マウイ・インスピレイションズの閉店をまもなく迎えます。
この7年のいろんなことを集めた、アルバム。
みんなに見てもらいたくて、クリスマスパーティーの昨日、お披露目しました。

4冊のこのアルバムには
ウクレレの弦のパッケージでナンバリングしました。
4本の弦で出来る素晴らしい音。
あまり上達はしていないけど、
4本でひとつ。
君と私と、この場所と、ストーリー。


今はオープン前のまだ看板が入っていない様子から、先日の文化祭まで。
残してある、5ぺージに、
昨日のクリスマスとこのあとのもちつき、最後の忘年会という名のお別れ会を収録して完結します。

何千枚もあった写真から選んだものにはそれぞれ思い入れもあるけれど、
本当は写真にするのはあまり好みじゃない。
自分が忘れてしまってもいいことのような気持になる。

ただの記録、標本として残すこのアルバム。
写真にない思い出も、言葉も、歌も、夢も
大事なことは、心にしまって、大切にします。

MAUI inspirations -SENDAI-

DIALY 二千二十

イメージ
数少ない、大好きなともだち。
なんだかんだで、なかなか直接会うことも難しい彼女とふたり、昨日は忘年会。
やっと息がつけた。
写真はその友達とオソロ、HARUKI MURAKAMI の洋書をふんだんに使った来年のダイアリー。

ここにきていいことばかり続き始めた。
浮かれて、ブログの更新は忘れてましたが、
今年、忘れたいことはひとつもない。


たぶん、苦しいことや、悲しいことやバカげたことがあったけれど、
なに、張り合うことは無い、
いつだって決断の毎日に、
取り組んできた結果、
正解しか見えない二千二十は
輝いている。


MAUI inspirations -SENDAI-

恋しくて

イメージ
はあぁぁぁ~ん。(溜息です)

村上春樹さんの選んだ短編をご本人が翻訳した「恋しくて」……。

帯にございますように
初心者の震えも、上級者の迷いも「恋する心」に変わりはありません。

叶わないことは恋ではないのか、恋は短いものなのか、恋に終わりなんてあるのか、同じ分量想う恋なんてあるのか。


ハアァァァ~ン。

素晴らしい本です。
読んでみてください。

声はジェイソン・ケイ、村上春樹の心と知を持った、色気はジャック・スパロウ、容姿問わず。
どっかにいないかしら~。

謎は自ら体験するしかない。
そしていつも初心者なんです。

裏帯がまた……。
村上春樹……。




MAUI inspirations -SENDAI-





コピーライターの言葉

イメージ
時間と言葉が足りな過ぎるとなんだかもやもやするけれど
そんな時はコピーライターが書いた本を読む。
ストーリーはないけど、短い時間でスッキリする。

コピーライターと言えば私世代は糸井重里さん、仲畑貴志さん、川崎徹さんと決まってる。
今日は本当に忙しいので「ボールのようなことば。」を。

私が本を読むのは娯楽というより、みんなは私を好きだとしか言ってくれないから、
好きでいてくれる自分に必要なことばは本からもらうのです。

いつも偉そうに、みんなにモノ言って、今よりよくなるように洗脳しているわけだけど、
それは私がモノを言って、その人がいまより幸せになれたらいいって本当に思ってる。
結果、その人が良くなれば私にとって好都合なのです。
周りの人は、幸せになって欲しい。
そしたら私はラクだ。




MAUI inspirations -SENDAI-

「坂東です」

イメージ
忙しくなったり、忙しくなる前触れがあったり、忙しかったあとには、昔、父の紹介で知り合った「坂東太郎」をいただきます。

もう、ずっと鰻はこれ☝️
皮もさっくり、タレは坂東太郎用、身は全体にまわったほどよい脂、弾力保ったふわっふわ、パーフェクト!

ちなみに坂東太郎とは利根川の別称、そこで育った養殖うなぎです。
お店の方が「坂東です」と言って出してくれるのがいつもなんか面白い。

注文後にさばき始めるので、骨せんべいをかじりながら待つこと40~50分。
鰻に何の効果があるかは実際解らないけれど、ただ、ただ、美味しくて、食べている間、幸福に包まれます 笑
食べてしまうと、あー、終わっちゃった~😭と残念になる鰻。


よーし、12月も頑張っていこー!
確定申告書が仕上がりましたらまた食べます。
紹介者である父を誘ってみよう。

時価です。

MAUI inspirations -SENDAI-

GRAND PRIX 🏁

イメージ
今度の土曜日、30日は、21:00から第22回、IPPON グランプリの放送日。
深夜枠の時代から、唯一欠かさず視聴しているTV番組です。

このIPPON グランプリ、ホントに奥深いのであります。
10人の芸人さん(たまに女優もいる)が5人ずつに分かれてまあ、大喜利をするってことなのですが、ポイントを入れる方との相性もあり、瞬発力と緊張、ここでグランプリを取ることはホントに頂点だと思って正座で観てしまいます。
面白いのにずっとグランプリを取れなかったオードリー若林君が優勝した時には感慨深いものでした…。笑

過去21回の中で忘れられない大喜利は、と書き始めるときりがないので止めておきますが、この番組の素晴らしいところは、チェアマン松本人志さんにあります。
ご本人は大喜利には参加せず、別室で見ているのですが、参戦者には聞こえていない先輩の言葉に感動します。

わたしも今の仕事に就いて26年、この業界で若者に夢見て欲しかった、と今回はきっと松ちゃん気分で自分の25年を振り返るのだろうなあ。
時代がかわったのか、私だけがそんなこと思っても業界自体が変わるわけなんかなくて、サービスそのものに憧れる先輩より、お金を稼げる先輩がいいことになってしまったこの時代。

私には尊敬する先輩が3人いるけれど、その人になりたいと思ったことは1度もない。
そして私のような考えを持っていないし私にないものの塊だから尊敬するのだ。
IPPONブランプリの参戦者もきっとそうだと思う。
松本人志になりたいわけじゃない。
当たり前にプロとして、すべてを知ろうとするべきだし、飲食業なんて、無くてもいい仕事に価値を付けて必要とされるのは、決して努力なしに有り得ないし、外側ではない。
このTVも出ている芸人さん、だれも外側、カッコよくなんかない。
それでも夢みてこのプレッシャーに挑むところにカッコよさを感じるものです。

解っているから私のいるこの世界に夢を見られなくなった今、この仕事、やめてみるのです。
なーんて、IPPONブランプリから熱くなってしまった。

兎に角、この仕事が私は好きだ。
一番好きなスポーツ観戦の柔道同様、一本勝ちも好きだ。

やりたくなる日がきたらまたどこかでやろ~。
本気の仕事も、一本勝ちも、やった人にしか、わからない。




MAUI inspirations -SENDAI-

NOT BEST

イメージ
過日のマイバースデイ。
46歳になりました。

今年最初に頂いた贈り物は発売されたばかりの「ニュートンの林檎」。
アルバムは全部持ってるし、ベスト盤、いるかな?と思っていたけど
すべて、MIXはアップデート、新曲2曲。
これはベストではない。NEW ALBUMなのです。
2discのオオトリはヒャダインREMIX。
頂かなかったら買ってました。
ありがとうございます♥

2020東京オリンピックの音楽担当になっている椎名林檎。
世界中の注目を浴びて、世界中でこのCDが聴かれるんだな♥♥♥
Mummy-Dのラップも、トータス松本も、宇多田ヒカルも、お兄さんとのこの世の限りも林檎と共に世界で聴かれるんだなあ。

プロの集まり、事変も当然いいけど、おんなでよかった!と聴くたび思う林檎。
それをバースデイに頂いて、うれしいです。
おんなに生まれて46年、あれかれそれこれ、たぶんみんなの想像以上に最高だった!!!

この30曲を聴くために今夜は遠回りして帰ろう。






MAUI inspirations -SENDAI-

HAPPY MY BIRTHDAY

イメージ
22日はマイバースデイ!!

たくさんのプレゼント、手造りのケーキ、前夜から数十通のライン、メール、電話、本当にありがとうございます。

冷蔵庫にあって映っていないものも、ここに置けないものもまだまだたくさん。
私の為に私にお似合いの贈り物を選んだり、文面を考えてくださった時間も、ケーキの箱に悩んだ時間も、一度好きだと言ったものを覚えてくださっていたことも、すべてに感謝の気持ちでいっぱいです。

今夜は唯一したかったことにトライしたけどフラれちゃって、でも挙手はしたからこれでいい。
爽やかでしあわせな日になりました。

毎年あるバースデイ。
なのにいつもこんなに祝ってもらって
私はみんなに何をすればいいのか、
解らないよ、


28歳

イメージ
2019/11/21

今夜は仲良くしてくれている28歳の女の子と話をしていて、ぼんやり思い出しましたこの映画、28歳の誕生日にもらった「COYOTE UGRY」。

現物のDVDはもうもっていません。

なかなか思い出深いこのDVDを今日観るわけではないのだけれど出してみました。

観た方も多いと思いますが、この映画は、夢を見て、でも思い通りにいかなくて、
目の前のことに流されて、でも、NYのコヨーテ アグリーというバーで知り合った仲間に救われて夢を思い出してっていう青春のサクセスストーリー。

なにがなかなか思い出深いのかというと、「この店、一緒にやってくれませんか?ずっと」って言われて渡された品なのです。28歳のバースデイプレゼント。

当時、私はとにかくバーテンダーの仕事にはまっていて、
わたしを通して夢、見ないで欲しい、というようなことを言ったんだっけ。

しかしまあ、なんですねえ、若いというのは、それだけでいろいろあるもんです。

道は1本。
さっさと立派な建築家になったし、
私は、集大成の自分の店を持つことが出来て、まもなく締めくくり、というところまで来ました。
お互い、「COYOTE UGRY」をやらなくてよかったね!!

仲間の助けを受ける素直さは若い時には全く持てなくて、今よりずっと頑なで。
でも今は、COYOTE UGRYの若いみんなには解らないお楽しみがいっぱい。
いつだってその時、今が最高です。



MAUI inspirations -SENDAI-

❼❼❼

イメージ
疲れないし、ストレスも感じないわたしですが、定休日、なんだかノラナクテ、
こういう日にはいい仕事はできないものだなあ。
一日も体調不良で休まなかった7年、ここに来て休むなんてできません。
そういう今朝はナニジャンルか解らない、CRAZY KEN BANDを聴いてみます。

横浜の地名って縁起のよさそうなネーミングの場所は、あまりよろしくない街である場合が多い。
日ノ出町、黄金町、白金町、長者町…。
真金町、曙町、寿町…。
そして福富町。

横浜で夜の暮らしをしていると、だいたい通る道。
CRAZY KEN BANDの古巣、FRIDAYのある街、福富町。
唾液がかかりそうな至近距離に剣さんがいる、ライブハウス、懐かしいなあ。

根拠なく今日も
いーねっ!
と、なる気がするぅ~😀

MAUI inspirations -SENDAI-

Never Know

イメージ
最後の唄会。
ゆきちゃん、私にYou've got a friend、歌ってくれてありがとう。


わたしはマウイ・インスピレイションズチーム、ウクレレ4人で参加。
プラス、Jack Johnson「Never Know」をアコースティックギターで歌わせてもらうってお願いをしました。

人間は同じことを繰り返して、学ばない、でもこの先のことなんて分かりっこないっていう素晴らしい歌詞を一言一句間違わずに歌いたい。

驚くことに、カラオケにまであるこの曲。流石、DAM!なのですが、写真のA4の裏面まである言葉の多さ、難関でした。

この2ヶ月は毎日持ち歩いて読んでいたこの歌詞。

2番Aメロの歌詞が飛んじゃったけど
やっぱ、イカした生はサイコ―!!!!
秀君、歌わせてくれてありがとう😃

完全だった練習も、不完全な本番も
同じくらいにいい思い出になります。

誰にとっても人生はNever Know。
わかりっこない。
こんな風にカッコいいギターで歌が歌えることになるなんて想像もしてなかった。

人生は挙手制。
募集していなくたって、やりたいことには手を挙げたい。

想ってるだけ、は、想ってないのと同じこと。



MAUI inspirations -SENDAI-

もう頬づえはつかない

イメージ
今年はもう本は読まなくていいかなって思ったけど
結局読んだ『もう頬づえはつかない』。
帯がすごいですね。

私が4歳の時にはこんな本がもう世に出ていて、
若き桃井かおりさんが主演の映画にまでなっていたんだなあ。

大学生の不思議な深さの愛情が他人へのものか自分へのものか。

怠惰なようで、かなりみずみずしい小説。

あとがきを読んだところ、これは著者が大学の卒論に提出したものだという。

私も来年は大学生になろうかしら。

姪っ子と入試の面接で社会人がどうして大学に入りたいか訊かれるね、という話になり、

大学と夜の社会、どちらが勉強になるのか確認したい、と言ったら

ヤバ、ダメー、不合格。と言われてしまいましたので諦めます。




そんな夜、友人と部活のあとに深夜の天一。
店まで戻る途中、

あのさ、と言うと
みなまで言うな、と。


やってることは学生より子供。

深夜の天一。土曜の夜に。おんなだけ。
どれをとっても、よろしくない。

よーし、もう頬づえなんてつかないぞ。

MAUI inspirations -SENDAI-